伊勢崎の美容室|クセ毛カットがおすすめ|TOKOHANA

カラーエステを繰り返すと髪がキレイになる理由

くせ毛, くせ毛改善

カラーで得られるメリット?!ただ染めるだけじゃないんです!!

 

みなさん、カラーについてじっくり考えたことはありますか?

ただ普通にカラーをするだけだと、メリットもデメリットもあります。

 

当サイトをご覧になっている方は、髪をキレイにしたい方だと思いますので、

まずは”カラー”について少し知っておいて欲しいことがあります。

 

知っておいて欲しいカラーのメリットデメリット

ここでいう普通のカラーはセルフカラー等ではなく、一般的な美容室で行われるカラーを指します。

 

普通のカラーのメリット
  • 新しく生えた毛のカラー等のムラを無くせる
  • 好きな色のカラーでイメチェンできる
  • 白髪を染められる

ザックリこんな感じではないでしょうか。

 

次にデメリットを上げていきます。

普通のカラーのデメリット
  • 傷む
  • 持ちが悪い
  • 明るくすると艶が出にくい

 

カラーを単一で行う場合は主に上記のようなことがデメリットで上げられ、

同時に髪をキレイにしたい人の悩みでもあります。

 

ここで、なぜそのようなデメリットが生まれてしまうかを解説していきたいと思います。

 

 

カラーの難点、これが解決されないと傷んでいく。

 

髪が傷む、持ちが悪い、結論から言うと、これはアルカリと過酸化水素水が根本的な原因です。

 

アルカリと過酸化水素水とは?

ここでは専門的な言葉は極力使わず、一般の方にもわかりやすいように説明させていただけたらと思います。

 

なんでアルカリも過酸化水素水も、髪に悪いと知りながら美容室では使用しているのか。

ちゃんと理由があります。

 

カラーをする際にお薬がどのように作用するか、というところから説明しなければいけないのですが、

簡単に過程を話すと、、、

 

①キューティクルを開く

②色を入れる

③シャンプーで薬を流す

④トリートメント

⑤髪を乾かす

このような過程を経るのですが、①と②の工程でアルカリと過酸化水素水が必要不可欠なのです。

髪に悪いけど、これがないとカラーが出来ません。

キューティクルを開いたり、色を入れたりするのにはアルカリと過酸化水素水はなくてはならない存在です。

※ヘアマニキュアやトリートメントカラーはまた違うのですが、ここでは割愛させていただきます。

 

ただ、染める時になくてはならない存在染めた後はいらない存在なのです。

いらないというより、髪の中に残留すると、傷む原因になるのです。

 

ですが、悲しいことに、ほとんどの美容室では取り除かずに残留させっぱなし、、、。

 

大概の理由は、美容室都合の経費や時間、単価です。

ビジネスなので仕方ないといえば仕方ないですが、同業としては、髪に悪いとわかってて

何も施さないというのは如何なものかと思います。

 

 

次にパサつき、ツヤがなくなるといった悩みの理由。

色持ちにも関係します。

 

 せっかくのカラーも台無し、ダダ漏れです。

ダダ漏れとは、、、どういうことかというと。

髪にはキューティクルというものがあり、髪を覆っています。

 

通常髪が健康な場合、このキューティクルが外部の影響から髪を守り、また、内部の栄養を外に逃がさない役目もあります。

しかし、前項にあるように、カラーではキューティクルを開かなければいけません。

 

しかし、開いたままだと、本来のキューティクルの役目が果たせません。

ですので、開いたキューティクルを閉じなければいけないのですが、これも多くの美容室では行っておらず、キューティクルを開きっぱなしの状態で仕上げてしまいます。

 

開いているのですから、バサバサになったり、傷んだり、色が抜けたりするのは当たり前ですよね、、、。

 

他にもありますが、この2つが主な原因です。

逆に言えば、ここをしっかり解決することで、皆さんが悩んでいる、カラーによる傷みやパサつき、ツヤ、色持ちが改善できます。

 

ダメージや退色のデメリットを取り除き、改善すると、、、?

アルカリや過酸化水素を除去し、phを整え、しっかりキューティクルを閉じて、その上でデザイン的にも負担の少ないもので

内部補修を行う栄養素を毎回の施術で行っていけば、どんな人でも、髪はキレイになります。

なぜなら、上記のような施術を行っている人はほとんどいないので、毎回負担が大きい施術になっています。

負担が大きい施術から、負担の少ない施術にシフトしていき、+のあなたに合わせた栄養を補給することで、急にではないですが、中長期的に必ず髪はキレイになります。

 

もちろん初回から効果は実感できますが、理想のツヤ髪まではそれなりの期間が必要です。

髪は傷ませるのは簡単ですが、良くしていくには時間がかかります。

 

無理な施術や負担になる施術を極力行わないことと、適切な技術、薬剤選定、ホームケアが大切です。

 

カラーエステ実例紹介

このお客様は初めてのカラーエステ。

もともと明るいカラーがメインで、
退色と毛先のダメージが気になるとのこと。

明るくしたことによって、カラーポケットの損傷とキューティクルの損傷が起きています。

残留物の除去も行っていなかったので、カラー後のダメージ進行もあったようです。

 

カウンセリングで丁寧に細かく毛髪診断を行い、
ご要望とご希望を伺いました。

髪の状態と希望の質感を参考に薬剤を調合。
今回は初めてのエステなので、色味と栄養分をしっかり補給しました。

 

Beforeを撮り忘れてしまったのですが、
中間〜毛先の広がりとパサつきが抑えられ、
まとまりとツヤがでました(^ ^)

 

 

髪の状態が安定するまでの間は1ヶ月〜1ヶ月半を目安に、
半年ほどで安定してきて、もっとツヤツヤになります。