伊勢崎の美容室|クセ毛カットがおすすめ|TOKOHANA

クセ毛がカットでストレートに?!意外と知らない、出来ること、出来ないこと

カット, くせ毛改善

クセ毛がカットでストレート?!

 

 

カットだけでクセが無くなったら、、、

そんな風に思ったことはありませんか?

 

実際にクセはカットだけでなくなるのか、、、。

 

僕自身、以前からクセ毛の人のカットや、ダメージでバサバサになってしまった人のカットなど、色んな方の担当をさせていただいた経験から解説していきたいと思います。

 

クセはカットでなくなるのか?

結論から言うと、、、

 

残念ながら、なくなりはしません。

基本的には活かすか、伸ばすかです。

 

ただ、一時的に扱いやすく収まりよくすることは出来る場合もあります。

この言い方は語弊が生じやすいので、実際に施術されるときは

担当の美容師さんとよく相談してくださいね。

 

活かさず、伸ばさず、、、??

 

どういうことでしょうか。

語弊がありますが、他に適当な言い回しを持ち合わせていません(‘ω’;

 

実際に写真を見てみましょう。

 

濡れていますが、クセ毛さんです。

多毛、硬毛。

以前は縮毛をしていたらしいのですが、

繰り返すうちに髪の負担が大きくなってしまったので

縮毛はしたくないとのこと。

 

僕が担当させていただくようになってからは

カラーとカットだけで、1年ほど経ちました。

 

その期間で色んな話しをさせていただき、ある条件下であれば、

カットだけで扱いやすくまとめられますという提案をさせていただきました。

 

その提案でカットさせていただき、仕上がりはこちら。

 

 

あれ、クセは、、、。

なくなり、、、ましたね、、、。

 

なくなってはいないのですが(‘ω’;

 

before,afterはこちら

 

 

クセ毛改善の条件とは??

ここでいうクセ毛改善は、カットのみでクセを扱いやすく、収まりやすくの意です。

  1. ショートにすること
  2. 毎朝ドライヤーすること

他にもありますが、共通するのは主にこの2つです。

あとは髪質次第です。

実際見てみないと判断できません。

 

1、ショートにする

クセ毛カットするには、ショートじゃないとできません。

ロングだと重さでクセが落ち着くとよく言われますが、あくまで落ち着くだけ。

しかもある程度のあまりクセが強くない人に限ります。

 

そして、クセを細かく見て、必要なクセ、不必要なクセを見極めながらカットします。

クセ毛の人はボリュームも出やすいので、そういったところも要注意ですね。

カットはほんと技術的な話なので、文章では伝えにくいです(*_*;

 

ザックリいうと、ロングだと、クセに適応させたカットが反映されにくいということです。

あと、カットの特性上、ロングだと質感が低下しやすいです。

 

ですので、まず第一にショートにすること。

 

2、毎朝ドライヤーをする。

ただドライヤーすればいいわけではないので、もちろんお仕上げ時にアドバイスはしっかり行います。

以前ドライヤーの記事で水素結合の話をしました。

 

髪は乾くときに形が決まります。

クセ毛カットしても、クセがなくなったわけではないので、

広がったりはあまりしませんが、濡れればウネります。

 

乾いたときに収まりよくカットしているので、

毎朝しっかり濡らして乾かして、クセをリセットする必要があります。

 

カットとドライヤーの相乗効果でクセを抑えてるんですね。

 

 

ですので、毎朝髪を濡らして乾かせるかどうか。

 

この2点が大切です。

 

それと、ご提案するときも、色んな話しをした上で

その人にとって扱いやすくなるであろう。

まとまって収まりもよくなるであろう。

ということで提案します。

文中でも、扱いやすくまとまりやすくであって、

クセを消します!!なくします!!という提案はしてません。

ここホントに勘違いが起きないように念を押させてください(‘ω’;

クセはなくなるわけではありません。

この方もクセ毛カットですが、クセは多少残ってます。

 

クセ毛カットは、その人の髪質、骨格、様々な要素に合わせて

扱いやすく、収まりやすく、まとめやすくするカットです。

 

 

ミディアム以上でストレートにするには?

または扱いやすくまとまりやすくするには??

 

クセと思ってたらダメージだったとか、そういうのは無しで、

ホントにクセの方。

 

クセの強さによりますが、基本的には縮毛矯正という技術が必要になります。

 

長さがあると、前述したように、カットが反映されにくいです。

そのため、多少変化はあっても、ストレートにしたい要望がある人は

カットだけで大満足!とはなりにくいです。

 

であるならば、活かすか伸ばすかになります。

 

これはその人次第ですよね。

考えられるケースやメリットデメリットをご説明させていただいた上で、

どっちがいいかは、お客様の判断によります。

 

ですが、意外と縮毛矯正等、技術によるメリットデメリットを説明されてる方は

多くありません、お客様自身あまり理解されてないことも多いです。

 

なので、カウンセリングでじっくりお話しを伺うと、、、

ストレートにしたかったけど、やっぱり活かしたい。

クセを活かしたかったけど、やっぱり縮毛したい。

等々、よくあることです。

 

しっかり美容師さんと相談した上で判断できるのが一番いいですね。

まとめ

  • カットだけだと、扱いやすく、収まりやすく、まとまりやすくは出来るけど、クセがストレートになるわけではない
  • クセ毛カットには条件がある
  • ミディアム以上でストレートにしたい方は縮毛矯正
  • 活かすか伸ばすかは、美容師さんとお客様次第

 

です!!

梅雨時期の季節、何かの参考になれば幸いです。