伊勢崎の美容室|クセ毛カットがおすすめ|TOKOHANA

伊勢崎市のクセ毛専門美容室、髪質改善実例[Sさん]

くせ毛, くせ毛改善, 実例、before,after

髪質改善実例

 

 

髪質改善実例の紹介です。

 

カラーエステのSさん。

まずはBeforeから。

 

 

Before

 

 

 

 

パサつきと毛先の乱れ、広がりが気になります。

頭皮も敏感で、頭皮の荒れにもお悩みがあるとのこと。

 

 

 

カラーエステでは、頭皮と毛髪の保護も念入りに行います。

薬剤自体も優しいお薬ですし、

カラーと同時に栄養補強していきますので、

低刺激で荒れにくいです。

 

また、そこまで強くなければ、広がりやウネりの

改善効果もあります。

 

 

画像見て頂くとわかりやすいですが、

根元、それなりにキレイですよね。

 

この方は頭皮の荒れでしばらくカラーを

控えていたようです。

 

 

みなさん多くの方は1,2カ月に1回くらいのペースで

染めるので、実際自分の本来の髪がどんなものか、認識されていない方が多いです。

 

みなさんの髪は基本的にはキレイなんです。

ここから何が言えるかというと、

髪がキレイにならない人はいないということ。

 

髪が傷んだ原因を解消して、以降の施術を改善すれば、

髪はキレイになっていく。

 

 

髪がキレイにならずに傷んでしまう人は、

髪の体力を考えずに施術をしてしまうので

髪が傷んでしまうんですね。

 

 

髪は有限です。

一定の体力が決まっています。

その体力の中で施術しないと、バサバサになります。

 

髪の体力を見極めて施術すること、

今後どのようなスタイルにしたいか。

しっかり考えて施術していくことが望ましいです。

 

 

 

今回のケースは、

以前行っていたパーマの負担が

大きいかと思います。

 

 

ダメージというのは、その時だけ起こるものではなく、

残留物の除去をしなければ、じわじわと蓄積しています。

 

髪の中に悪い成分が残っていると、時間の経過とともに

髪が傷んでいくということです。

 

なので、薬剤を使用する施術は、

しっかり悪い成分を除去することが大切です。

 

 

 

改善内容

  1. カラーのトーンダウン
  2. 空洞化の穴埋め
  3. ph調整
  4. キューティクルを整える

 

 

基本的にカラーは暗めをオススメしています。

暗めに設定することで、色保ちがよくなりますので

カラーの頻度を減らせます。

また、エステと相乗効果でよりキレイに見えます。

 

 

色抜けの原因というのは色々ありますが、

端的に言えばダメージですよね。

 

ダメージした髪は色素が抜けやすい。

 

カラー材というのは、明るさによって

色素の量がある程度決まっています。

 

 

明るいカラー材は、明るくする材が多く含まれ、

色を入れる材は少ないです。

逆に、暗いカラー材は、明るくする材は少なく、

色を入れる材が多く含まれます。

 

 

抜けやすい髪に少量の色素を入れたところで、

保ちが悪いのは明白です。

 

しっかり色をたくさん入れることで、

多少色素が流出しても、まだ毛髪内に色素が残っているので

保ちが良いということになります。

 

 

それと、「明るい材」。

これがカラーでの負担の大小に影響します。

明るい材というのは毛髪のメラニンという成分を破壊します。

明るければ明るいほど、多くを破壊します。

 

逆に言えば、暗ければ暗いほど、破壊は少ないです。

ゼロではないのですが、圧倒的に少ないです。

それだけ負担も少なく傷みにくいです。

 

 

 

また、色抜けが起きにくい、保ちが良いということは、

頻繁に全体染めをする必要がなくなります。

 

とういことは、伸びた根元だけ染めれば良いのです。

そうすると、毛先は染めないので、負担はゼロです。

 

 

毎回毛先までカラーする方と、何回かに一度しか毛先を染めない方、

ダメージの蓄積度の違いは明白ですね。

 

ほんと長期的に言えば何十分の一とかの負担で済みます。

 

 

という感じでカラーエステを施術後はこちら。

 

After

 

一度の施術でも効果が見えます。

 

繰り返すほどキレイになるという所以は、

施術方法と薬剤の仕組みからくるものです。

 

 

美髪のサポート、精一杯させていただきます。

 

いつまで経っても髪がキレイになれないという方、

ぜひ一度ご相談下さい。

お力になれると思います。

 

 

最後にBefore,Afterを。