伊勢崎の美容室|クセ毛カットがおすすめ|TOKOHANA

1日で実感!髪がサラサラになるドライヤーの乾かし方!

くせ毛, くせ毛改善

美容室で髪を乾かしてもらうとサラサラになるのに、自分で乾かすとサラサラにならない。
トリートメントもしっかりつけてるし、毎晩ちゃんと乾かしてる。
でも髪はパサパサ、、、。

そんな悩みはありませんか?

原因はドライヤーの”乾かし方”にあります。

プロの美容師が1日で実感できる、髪がサラサラになるドライヤーの乾かし方をお伝えします。

目次

 

こんな乾かし方はNG!!チェックリスト

まずはNGなダメージに繋がるドライヤーの乾かし方チェックリストを作成しました。

あなたはいくつ当てはまりますか??

  • お風呂上がりすぐ乾かさない
  • 毛先から乾かす
  • 半乾きで終わらせる
  • 下から上に風を当ててる
  • 内側から外側に風を当ててる
  • 乾かす前に梳かさない
  • 一箇所を集中して乾かす

 

上記に当てはまる方は残念ながら、いくらお手入れをしても髪はキレイになりません。

 

ダメージに繋がる乾かし方の理由

髪はいくつかの結合で成り立っています。
その中に水素結合というものがあります。

この結合は、濡れると切れて、乾くとくっつきます。

普段の私生活の中で当てはめると、お風呂で髪が濡れて結合が切れ、ドライヤーで乾かす時にくっつきます。

チェックリストでチェックがついてしまった人は、髪が絡まってたり、バサバサな状態であったり、そのような状態で、結合がくっついてしまうので、髪がキレイにならないのです。

いくらお手入れしても、無意識にしろバサバサになるように自分で乾かしてしまっていることになります。

 

ドライヤーで乾く時に結合がくっつくので、下から上に風をあててしまえば、髪も下から上に広がるように乾いてしまい、内側から外側に乾かせば、髪も内側から外側にハネるように乾いてしまいます。

 

半乾きの状態で寝てしまえば、枕や布団でグチャグチャになったまま乾き、そのまま髪は固定されてしまうので、当然寝グセもつきます。

 

では、どのように乾かすとキレイに乾くのでしょうか。

 

髪をサラサラにする乾かし方と手順

綺麗なサラサラの髪を目指すのであれば、髪の乾かし方と手順は必須事項です。

しかし、難しいことは1つもなく、ポイントだけ抑えていただければ大丈夫ですので、安心してくださいね。

 

乾かし方と手順

  1. 前髪を乾かす。
  2. えり足と耳周りの根元を乾かす。
  3. 全体の根元を乾かす。
  4. 中間〜毛先を上から風をあてて乾かす。

 

1、前髪

お顔周りは1番目につく気になるところですので、変なクセがつく前に最初に乾かします。

前髪は根元を優しくこすりながら(左右に根元を振りながら)風を上から下にあてて乾かします。

 

2、えり足と耳周り

えり足と耳周りは乾きにくい部分なので、乾かし残さないように先に乾かすと良いです。

ここも乾かす際は優しく根元をこすりながら乾かします。

 

3、全体の根元

1、2、と同じように優しく根元をこすりながら乾かします。

 

4、中間から毛先を乾かす

根元を乾かし終えたら、まだ濡れている中間から 毛先をかわかします。

この時重要になるのが、風をあてる方向です。

 

髪は乾く時に結合がくっつき形が決まるので、下から上に風をあてれば広がってしまいますし、内側から外側に風をあてればハネてしまいます。

逆に、上から下に風を向けて乾かすと、広がりは抑えられ、内側にまとまって乾きます。

 

綺麗に乾く理由

根元から乾かす理由と根元をこすりながら乾かす理由は、オーバードライ(過乾燥)と生えグセの緩和です。
(オーバードライ(過乾燥)とは、乾かしすぎのことです。)

しっかり乾かすことは大事なことですが、乾かしすぎて髪の中の水分がカラカラになってしまうと、髪がパサついてしまいます。

毛先から乾かしてしまうと、その後根元を乾かす際に、どうしても根元だけでなく毛先もドライヤーの熱と風があたってしまい、乾かしすぎてしまいます。

これを防ぐために根元を先に乾かす必要があります。

根元から乾かすことで、乾かし過ぎを防ぎ、潤いの残った状態で乾かせます。

 

また、誰しもが生えグセというものがあります。
根元の立ち上がりが悪かったり、逆にボリュームが出てしまったり、左右に流れてしまったり、、、。

皆さんが思ってる髪のクセは根元が原因のことも多くあります。
根本のくクセが原因で綺麗に乾かないことが多いです。

これを簡単に緩和して扱いやすくするのが、根元を優しくこすりながら乾かすことです。

根元をこすることで、多方向に根元が動きます。

多方向に動かすことで、一方向にクセがつくのを緩和できます。

根本のクセを緩和し、取り除くことで、綺麗に収まるように乾かせます。

あまりガシガシ強くこすると頭皮や髪を傷めてしまいますので、あくまでも優しく乾かしてくださいね。

 

そして、上から下に乾かす理由は、

上から下に風をあてることで、広がりを抑え、短い毛が表面に出てきにくいので、まとまりのある髪に仕上がります。

また、キューティクルというのはウロコ状になっていて、根元から毛先に向かって重なってできています。

下から乾かすとキューティクルが剥がれやすくなってしまいますが、上から乾かすことでキューティクルの流れに沿って乾かすことができます。

それによりキューティクルもキレイに整いやすく、手触りと質感が向上します。

 

毛先も上から乾かすと自然と手が内側に入るのでハネにくく扱いやすくなります。

 

最後に冷風を全体にあてると髪が引き締まってツヤと手触りがさらに良くなります。

 

髪が絡まりやすい人は乾かす前に、目の粗いクシで全体を優しく梳かしてから乾かすと絡まりにくくなります。

 

 

まとめ

綺麗に髪を乾かす手順は

  1. 前髪を乾かす。
  2. えり足と耳周りの根元を乾かす。
  3. 全体の根元を乾かす。
  4. 中間〜毛先を上から風をあてて乾かす。

です。

もっと細かいこともあるのですが、概要はここに記してありますので、より詳しく聞きたい方は、ご来店時にあなたに合った髪のお手入れの方法をお伝えさせていただきます。

 

これだけでも髪はかなりキレイに仕上がるので是非試してみてくださいね。

 

【伊勢崎の美容室|TOKOHANA】

【電話番号】

TEL:0270-61-8904

【トコハナのLINEアカウント】