伊勢崎の美容室|クセ毛カットがおすすめ|TOKOHANA

【保存版】縮毛矯正で失敗しないために知っておきたい、4つの原因と対処法!

お悩み解消, 実例、before,after

【保存版】縮毛矯正で失敗しないために知っておきたい、4つの原因と対処法!

こんにちは。
伊勢崎市のクセ毛専門美容室、トコハナの高山です。

クセ毛の方が行うメニューで多い、縮毛矯正。
クセをキレイに伸ばして、サラサラストレートヘアに。

クセでお悩みの方はストレートヘアに憧れますよね。

そして縮毛矯正するにしても、
【毛先は自然に丸く、低ダメージで柔らかく】
が理想的ではありませんか?

 

 

しかし、一方ではこんな失敗の声もよく耳にします。

・「真っすぐ過ぎて不自然」
・「クセは伸ばしたいけどシャキーンとなるのは嫌」
・「クセは伸ばしつつも、自然な柔らかさと丸みが欲しい」
・「縮毛矯正はダメージが不安」
・「縮毛矯正で傷んでバサバサになってしまった」

 

 

確かに縮毛矯正は美容室の中でも特殊な面があり、難易度もリスクも高いメニューです。

ですので、正しい薬剤知識と技術、経験が必要になってきます。

 

この記事では、「クセ毛」の方に向けて、縮毛矯正で失敗してしまう原因と、
「丸みのある自然な縮毛矯正」にするにはどうしたら良いか。
を詳しく書いていこうと思います。

 

 

目次

 

 

 

≪シャキーンと不自然な真っすぐなストレートになってしまう原因≫

 

 

 

縮毛矯正でよくある失敗で、不自然な真っすぐさ、硬い質感、おかっぱetc…
このような現象はなぜ起きてしまうのか、、、。

 

 

1、縮毛矯正の薬剤が強すぎる

 

 

薬剤が強すぎる場合、アイロン操作云々の前に毛髪内の結合が切れすぎてしまうで、
その後のアイロンで熱を入れた時点でシャキーンと真っすぐになり過ぎてしまいます。

 

というのも、縮毛矯正の手順として、簡略化すると
「毛髪の結合を切る」→「熱で形を作る」→「酸化させて固定する」
という順番なのですが、最初の「結合を切る」というのは、
毛髪内全ての結合が切れてる訳ではないんですね。

 

薬剤が強いほど結合も切れます。

 

切ったところが、その後の熱処理で作用する部分になるので、
強い薬を使うと大部分が切れてしまい、真っすぐになり過ぎてしまいます。

 

ですので、クセに合わせた強さの薬剤の設定をする必要がある、ということですね。

 

 

考え方によりますが、
「クセが伸びないことを恐れて強い薬剤を使う」のであれば、
「多少クセの伸びが甘くても、少し弱めの薬を使う」くらいが失敗は少ないと思います。

 

傷んでしまった髪や、真っすぐになりすぎてしまった髪は、手直しも大変です。
というより、手直し出来ない場合もあります。

 

であるならば、お客さんにしっかりその旨を説明した上で
クセの強さや髪の状態を見て、少し弱くかけた方が、
仕上がりも柔らかく、ダメージも少なく済みますし、
万が一クセの伸びが甘くても、やり直すことが出来ます。

 

 

美容の技術は、やり過ぎてしますと修正が難しいです。
切り過ぎ、軽くし過ぎ、真っすぐしすぎ、パーマかけ過ぎ、ダメージし過ぎ。

 

縮毛矯正で失敗しないようにするためには
このようなことが起きないように、常にリスクを考慮して
「無茶はしない」というスタンスはとても大切に思います。

 

 

2、アイロン操作で丸みをつくれていない

 

薬剤で毛髪の結合を切った後は、アイロンの熱でカタチを作ります。
この時クセを伸ばすように熱をいれるのですが、
「温度」「力加減」「引っ張り方」「角度」etc…

 

注意しなければいけないことが多々あります。

 

ただ真っすぐ伸ばすだけでなく、自然な丸みをつけるためには、
上記の項目は重要な要素です。

 

特に一般の方でもわかりやすいのは【髪を引っ張る力】と【アイロンで髪を挟む力】でしょうか。
縮毛矯正でクセを伸ばす際、実際はそんなに”【力】を加える必要がない”ケースが多いです。

 

必要以上に力を加えてしまうと、髪が潰れてしまったり、真っすぐになりすぎてしまったりして、
自然な丸みがなくなってしまうと同時に、柔らかさも失われ、硬い質感になってしまいます。

 

 

3、薬剤の塗布の仕方が、丸みを考慮してない

 

薬剤をつけて、毛髪の結合を切る際
ただ薬を塗ればいい訳ではありません。

 

頭部全体で見れば、薬が「効きやすい部位」「効きにくい部位」というのがあり、
毛髪でいっても「ダメージしてる部位」「ダメージしてない部位」があります。

 

また、「ダメージしやすい部位」や「薬を効かせない方が良い部位」
というのもあります。

 

 

これらを考慮せずに薬を使ってしうと、不自然に真っすぐなストレートになってしまい、失敗の原因になってしまいます。

 

 

4、酸化(固定)する際に丸みを考慮していない

 

一口に酸化(固定)といっても、酸化させる薬にも種類があります。

 

その薬次第で、重い軽い、硬い柔らかいなどの質感調整ができるので、
当然、自然な丸みというのにも影響します。

 

≪縮毛矯正で必要以上に傷んでダメージしてしまう原因≫

 

 

 

 

縮毛矯正はダメージする、、、という認識が強い方が多々いらっしゃるのを
日々のサロンワークで実感しています。

 

それほど今まで縮毛矯正でバサバサになってしまったり、
ビビり毛になってしまった方が多いということですね、、、。

 

キレイでサラサラな髪にしたくて縮毛矯正をしたのに、
逆に傷んでしまって扱いずらくなってしまう、、、。

 

 

なぜこのような失敗が起きてしまうのでしょうか。

 

【真っすぐになり過ぎてしまう原因】と重複しますが、
ひとつずつ解説していきます。

 

 

1、髪の体力に対して、薬が強すぎる

 

 

髪の体力、、、という言葉に聞き慣れない方も多くいらっしゃるかと思います。

 

カラーやパーマや縮毛矯正を、何度も何度もかけると、
髪がバサバサになってしまうのはわかると思います。

 

 

これは”髪が耐えられるダメージの限界”に近付いてしまったので
バサバサになってしまったのです。

 

数字に表すとわかりやすいと思います。

 

健康な髪の体力を【100】とし、
カラーによるダメージを【10】
パーマによるダメージを【20】
縮毛矯正によるダメージを【30】
と仮定します。

 

健康な髪の方にカラー3回、パーマ2回、を施した場合、

カラー:10×3=30
パーマ:20×2=40

ダメージ:70

ですね。
健康な状態100から70引くと、残り30しかありません。

 

この状態で、ダメージ30の縮毛矯正をしてしまうと、体力が0になってしまいます。

 

こうなるとバサバサになってしまうんですね。

 

この例では毛髪全体のダメージ量が一定で、薬剤のダメージも一定なので、
単純に「回数」が影響しますが、実際は部位によってダメージ具合も変わりますし
薬剤の強さも調整できますので、どの程度ダメージするかも変わります。

 

また、薬剤を浸透させる時間でも当然ダメージ具合も変わります。

 

【現在、この部分はどの程度体力が残ってるか】
【どの程度の薬剤だったら体力を残しながらクセを伸ばせるか】

このようなことが大切になります。

 

縮毛矯正でのダメージしてしまう1番の原因は、
毛髪に対して薬が強すぎる、というケースが多いです。

 

 

2、アイロン操作によるダメージ

 

 

縮毛矯正では、やり方によっては、アイロン操作でもダメージしてしまいます。

 

確かに高温でないとクセが伸びにくかったりするのですが、それも部位によって変わったりします。

 

例えば、細い髪が多い部位、太い髪が多い部位。
毛両が多い部位、少ない部位。
もちろんダメージ具合や、根元か毛先かなども関係します。

 

これらに一定の温度で熱を与えてしまうと、髪に伝わる熱に【ムラ】が出来てしまいます。
この【熱ムラ】により、不必要なダメージを与えてしまうことも多いです。

 

また、髪を引っ張る力を「テンション」といいますが、
このテンションのかけ方も、無理にかけてしまうとダメージの原因になります。

 

髪に与える【圧力】も大事です。
アイロンで髪を挟むときの力のことです。

 

圧力を強くかけすぎてしまうと、【髪がつぶれてしまう】のです。
髪が潰れてしまうと、断面が板のようになってしまいます。

 

また引っ張り過ぎたりしてもいけません。

 

必要以上に力を加えるのは、自然な丸みを失われるのと同時に
ダメージの原因にもなりますので注意が必要です。

 

 

3、酸化剤の浸透時間の置き過ぎ

 

 

アイロンで髪のカタチを作った後に、カタチを固定させるために[酸化]させる必要があります。
しかし、この酸化させる薬は、一定の時間以上置いてしまうとダメージに繋がります。

 

最後につける薬の置き時間が、「長いな」と感じたら要注意ですね。
だいたい5分程度で十分な場合がほとんどです。

 

 

4、残留成分を除去できていない

 

 

縮毛矯正に限らず、髪に何らかの変化をさせるためには様々な薬剤を使います。

 

先ほどの説明のように、薬剤の成分や強弱というのもとても大切なのですが、、、

【髪に残留する薬剤を除去していない】というのも
髪を傷めてしまう大きな原因です。

 

薬剤をよく選んで、少ないダメージで施術したとしても、
毛髪内に薬が残留、残ってしまっていると、お家に帰ってからも
ジワジワと薬剤が作用してしまい、気付いたら(時間が経ったら)
髪が傷んでしまったということも凄く多いです。

 

 

縮毛矯正に限らず、カラーやパーマでも同じですが、
アルカリや過酸化水素という成分が薬の中に入っています。

 

この成分は髪を変化させるのに必要な成分ですが、
”変化させた後はダメージになる不必要な成分”でもあるのです。

 

 

しかも厄介なことに、一度や二度シャンプーした程度では落ちません。
残留物を除去するための専用の薬を使わないと落ちません。

 

ですので、”美容室”でしっかり残留する薬剤を
除去していないと髪が傷んでしまいます。

 

 

≪クセをのばしつつも【低ダメージで丸みのある自然な縮毛矯正】はできるのか≫

 

ここまで、真っすぐになりすぎてしまう原因やダメージの原因、
主に「失敗の原因」書いてきましたが、なんとなくはわかっていただけたでしょうか。

 

美容室によって、施術方法やかけられる時間、その他もろもろ違うので、
しっかり美容室を選ばないと、縮毛矯正は失敗してしまいます。

 

逆に言えば、”原因”をしっかり理解し、それに対してしっかり対処できる美容室であれば、
クセを伸ばしつつ低ダメージで丸みのある自然な縮毛矯正は可能です。

 

 

 

次に、どうすれば、
低ダメージで丸みのある自然な縮毛矯正が出来るかを書いていきます。

 

≪低ダメージで丸みのある自然な縮毛矯正をする方法≫

 

 

縮毛矯正で丸みを出す方法は様々で、ひとつではありませんし、
いくつかの技法を合わせて丸みをつくっていくます。

 

 

1、クセや求める質感、スタイルに対して適切な薬剤を使う。

 

 

 

 

クセの強弱や、髪のダメージ具合を見て、適切な薬剤を使う。

 

 

強すぎると、真っすぐになりすぎてしまうし、余計なダメージを与えてしまう。
後のアイロン操作の技術も効きにくくなってしまいますので、
一番肝心なところでもあります。

 

これは、薬の強弱もそうですが、塗り分けもです。

 

 

しっかり伸ばしたいところ。丸みを出したいところ。
何種類かの薬を使うことで自然な縮毛矯正がしやすくなります。

 

また、必ずしも、全体に薬をつけなくてはいけない訳でもありません。
むしろ薬剤をつけない部分があった方が自然な丸みをつけやすい場合もありますし、
ダメージも最小限で抑えられることが多いです。

 

 

例えば、ボリュームを落とし過ぎたくない場合は、
上の方だけ縮毛矯正をして、下の方はそのままにしておけば、
極端にボリュームがなくなることもありませんし、
毛先のクセが良い感じのカールであれば、毛先には薬をつけず
そのままクセを活かすこともできます。

 

 

求めるスタイルや質感によって薬剤を使い分けることで、
ただ真っすぐなだけの縮毛矯正ではなく、

 

[適度なボリュームは残す縮毛矯正]や、[毛先の丸い縮毛矯正]や
[自然な柔らかさのある縮毛矯正]というのも可能になってきます。

 

 

薬剤自体にも、塗り方や塗り分けにもこだわらないと、
低ダメージで丸みのある縮毛矯正は叶いません。

 

 

2、アイロン操作で丸みをつくる。

 

 

 

 

ここは技術的な話が多くわかりずらいと思うので、なるべく簡単に
説明していきたいと思います。

 

 

アイロン操作というのは縮毛矯正を施術する上で欠かせない技術なのですが、
美容室や美容師さんで、かなり差が出やすいところでもあります。

 

例えばアイロンで髪を挟むときの【圧力】。
よくプレスが強いとか弱いとか言います。

 

これが強すぎると、髪が”潰れてしまう”ので、髪が【板】のようになってしまいます。
板という時点で、真っすぐなイメージしてしまいますよね、、、。

どうにも丸みを帯びていなさそうな、、、。

 

 

次に髪の毛を【引っ張る力】。所謂”テンション”です。
テンションをかけすぎてしまうと、余計なダメージや
自然な柔らかさが損なわれてしまいます。

 

 

縮毛矯正は【熱でカタチをつける】ので、余計な力は逆効果です。

 

 

その他にも、「角度」「スライス」「温度」「パネルの厚み」「アイロンの滑らせ方」等、
たくさんあるのですが、どうしてもプロ向けになってしまい、
一般の方にわかりずらくなってしまうので割愛しますが、

それだけ気をつけるべきところが多々あるので、安すぎる美容室や
短時間で終わらせようとする(必要な工程を端折ってしまう美容室)は
縮毛矯正にクオリティを求めるなら避けるべきでしょう。

 

 

余談ですが、アイロン自体にも差があります。
温度設定が細かくできるものや、プレートの質の違いなど。

 

また、アイロンによっては表記されてる温度と実際の温度に誤差があるものや、
一定の温度が均一に出ないモノなどもあります。

 

僕たち技術職の人間は、【道具ありき】の職業です。

 

ハサミがなければ髪は切れないし、カラー剤がなければ染められない。
アイロンがなければ縮毛矯正も出来ません。

 

使う人の技術はもちろん大切ですが、道具に左右されるのもまた事実。
道具にもしっかり気を使い理解している方だと安心です。

 

 

3、髪を固定する酸化剤を使い分ける、適切な時間浸透させる。

 

 

 

 

酸化剤と一口に言っても、種類があるというのは既に話しました。

 

 

浸透が早いもの、ゆっくりなもの。
クリームタイプの重たいしっとりしたもの、
液体タイプのサラッと軽く仕上がるもの。

 

 

これらを”その人に合わせて使い分ける”ことで
質感の調整が可能になりますので、求めるスタイルに近づけることが出来ます。

 

 

また、この酸化剤は時間を置きすぎる必要はありません。
必要以上に浸透させると髪のダメージに繋がります。
長時間放置されていたら、一声かけてもいいかもしれませんね。

 

ただ、このお薬で放置されるというのは、
お店が混み合ってて後回しにされている可能性が高いですね。
長時間置く必要がないのは、大多数の美容師さんが知っているはずです。

 

確かに置きすぎるとダメージするのですが、致命的なダメージになりにくいので、
忙しい美容室からすると、他の方(掛け持ち)の工程との被り方によっては後回しにされがちです。

 

 

これも美容室のスタイルに依存してしまうで、その点マンツーマン施術というのが一番の解決策かもしれません。

 

 

4、残留物をしっかり除去する

 

 

 

 

この残留物、髪に残るとジワジワとダメージします。

 

 

カラーでもパーマでも縮毛矯正でも同じです。

 

お家でクエン酸などを使ってケアすることも出来なくはないですが、
手間ですし、あまり現実的ではないです。

 

しっかり美容室で行っておくことで、後々のダメージを回避できます。

 

 

そして除去する際ですが、使うものによって作用させる時間も前後します。

というのも、例えば薬剤によってアルカリに傾いた髪を
酸性の薬剤を使うことで中和し弱酸性に戻すという工程ですが、
当たりまえですが、その薬のph(濃度)によって、どの程度で反応するかも違うのです。

 

また、一気に酸性の薬を使うと、髪が収れんしてキシんでしまうので、
徐々に、、、というのが望ましいです。

 

 

この工程をしっかり行うことで、ダメージはかなり軽減できます。

5、毛先にパーマをかける

 

 

 

 

前項までの施術である程度内巻きに収まる縮毛矯正は可能ですが、
それ以上に毛先に”カール”が欲しい場合は、パーマという手段もあります。

 

 

しかし、毛先というのは一番今までのダメージが蓄積しているので
安易にパーマをかけてしまうと逆効果になってしまうこともあります。

 

 

【髪の体力】の話は覚えていますでしょうか。

毛先は体力が少なくなっている場合が多いので、
無理な施術は避けましょう。

 

また、基本的にパーマをかけるにしても、
毛先ワンカール(Cカール)程度にしておいた方が良いと思います。

 

 

中間からクルクルするカール(Sカール)を希望する方に多いのが、
”ふわふわパーマ”です。

ヘアカタログなどで見るパーマスタイル。
実はコテ巻きのケースが多いです。

 

どうしてもパーマとコテの質感は違いますし、
多少のスタイリングは必要です。

扱いやすさや、手間の少なさ、髪のキレイさなどを求めるのであれば、
毛先ワンカールにとどめておくことをオススメします。

 

 

逆に、ある程度スタイリングが出来る方、、、
こちらもパーマでするより、コテの方が希望のスタイルに
近いスタイルができると思います。

カットでベースだけ作って、あとはコテ巻き。
慣れてしまえば5分~10分程度で出来ますし、
アイロンも正しく使えばダメージも大きくありません。

 

 

よくいただく質問で、コテとパーマどちらが
傷みますか?というのがありますが、
条件によります。

髪が健康な状態で、優しくパーマをかける。
に対して、アイロン200度、何度も巻き直す。

この場合、パーマの方が傷まないかもしれません。

しかし、優しくパーマをかける。
に対してアイロンも正しく使う。

であればアイロンの方が傷まないと思います。

 

 

髪が傷んでいる状態であれば尚更ですね。

 

 

状態やデザイン、求めるものによっては
パーマというのも選択肢のひとつになります。

美容師さんとよく相談するといいと思います。

 

 

≪こんな縮毛矯正(美容室)は要注意!≫

 

 

 

 

これまで”原因”と”方法”について書いてきました。

もちろん、”原因”に当てはまる縮毛矯正や美容室は注意してください。

 

 

全然美容師さんに質問してしまっていいと思います。

これはダメージに繋がりませんか?等。

 

 

知ったかぶりするような感じではなく、
普通に質問されれば別に嫌な気はしませんし、
こだわっている方はむしろ話したくて仕方ないと思います。(笑)

 

親身な美容師さんであれば、丁寧に説明してくれるはずです。
逆に納得いく説明がないのであれば、その後検討してみた方がいいかもしれませんね。

 

もちろん美容室や美容師さんによって考え方も
知識も技術も異なりますので、僕が正しいとは言いません。

 

この記事を参考に、あなた自身が納得できていれば、それが良いと思います。

 

 

ただ、ひとつ注意点としてお伝えしたのが、、、

【カウンセリング】です。

 

 

 

 

縮毛矯正は比較的カウンセリングが短い傾向にあります。
これは”クセを伸ばすことだけ”に注力する美容室にありがちです。

 

何度もその美容室に通っていて、毛髪履歴や髪質、
悩みや扱いずらく思っている点など、しっかり把握されていれば
問題ありませんが、そうでない場合、、、。

 

 

縮毛矯正でもこれまで説明してきたように、
髪質や施術履歴、来店ペースや本質的に何に不満を感じていて
どこに悩んでいるのか等。

聞かなければいけないことは多々あります。

 

 

縮毛矯正は素晴らしい技術ですが、反面リスクも伴う技術だからです。

 

 

ここでしっかりヒアリングを行わなければ、
お客さんの求める仕上がりとのギャップが生まれてしまいますし、
薬剤の選定も間違えてしまいます。

 

事前にしっかり相談することで失敗の可能性も減るので、
よく相談して下さいね。

 

トコハナの場合、長い方で2時間くらい話してたこともあります。(笑)
新規の方ですが、新規の方の場合はかなり余裕をもってお時間確保しているから
出来ることですが、そこまででなくとも、相談はした方が良いと思います。

 

 

≪まとめ≫

 

 

 

 

如何でしたでしょうか。
縮毛矯正について、傷んでしまう原因や
不自然に真っすぐになってしまう原因は
なんとなくわかっていただけたでしょうか。

 

美容室で行う技術ですので、
美容室側が考慮して行わなければいけないことばかりですね。

 

 

当たり前ですがお客さんが出来ることはほぼ無いです。

 

縮毛矯正は美容室でも差が出る技術です。
お客さんとして出来ることは、【美容室選び】だと思います。

 

 

発信している内容やホームページ。
画像や動画など、今は色々調べられますので、
あなたの目的に合った美容室が見つかると思います。

 

 

この記事がその一助になれば幸いです。

 

 

【伊勢崎の美容室|TOKOHANA】

【電話番号】

TEL:0270-61-8904

【トコハナのLINEアカウント】