伊勢崎の美容室|クセ毛カットがおすすめ|TOKOHANA

【5分で出来る!】はねる髪の簡単な直し方(朝編)

くせ毛改善, はねる

基本的にこれからご紹介する方法は
自宅で簡単に髪がはねるのを直すことができます。

※それでも直らない場合、元々のくせ毛が原因か、カットの仕方に原因がある可能性があります。

この方法である程度はねるのを抑えることができるので、参考にしてみてくださいね。

 

毎朝起きて、
鏡を見ると髪がはねている、、、。
忙しい朝にはねる髪を直すのは大変ですよね。

言うことを聞かない髪に四苦八苦。
毎朝、簡単にはねる髪を直せたらいいなーと思いませんか?

 

実は、少しのコツで、
簡単にはねる髪を直すことができます。
しかもお家にある普通の道具でできるので、費用もかかりません。

忙しい朝でも出来る
はねる髪の簡単な直し方をご紹介します。

髪がはねるのを直す2つの方法

髪がはねるのは、
実は簡単に直すことができます。
いつも苦戦している方は、間違った直し方をしているかもしれません。

直す方法は2つ!
どちらでも簡単に直すことができるので、
自分のライフスタイルに合う方で実践してみてください。

1、髪の根本を濡らして直す

はねるのを直すとき、
「髪を濡らす」のは主流ですよね。
でも、意外と”はねている毛先”を濡らしている方が多いです。

しかし、毛先を濡らしてもはねるのを直すことはできません
なぜなら、はねる原因は毛先ではなく、根本の生え癖や寝癖が原因だからです。

なので、はねるのを直すには、
「はねている部分の根本を濡らす」ことが大切!

生え癖や寝癖のある「根本」を濡らして乾かせば、簡単に髪は収まります。

2、アイロンで直す

朝髪濡らすのは面倒だという方は、アイロンでも直すことができます。
こちらも”根本近くのくせ”を伸ばすことで簡単にはねる髪を直すことができます。

毛先だけをいくら内巻きにしても、根本にウネりがあるとキレイに収まりませんので、
はねるのが気になる部分は根本からくせを伸ばしてください。

髪がはねるのを直すための5STEP

1、髪の根本を濡らす

はねるのが気になる部分の「根本」を濡らします。
しっかり濡らすと直しやすいです。

スプレイヤー(霧吹き)があれば濡らしやすいですが、
なければ手に水をつけて、濡れた手で根本をこすったりしても直せます。

もちろん時間があれば、髪の毛全体を濡らしても構いません。

2、根本を左右にこすりながら乾かす

しっかり濡らした後はドライヤーで乾かします。
この時、根本の癖を取りたいので、手でわしゃわしゃと根元を左右にこすってください。

左右にこすることで根本のくせが取れて、収まりやすくなります。

3、上から風をあてる

風を上からあてることも大事なポイント、コツです。
髪は乾くときにカタチが決まるので、上から下に風をあてることで、
広がりにくくまとまりのある仕上がりになります。

逆に下から上に風を向けてしまうと、広がってまとまらず、はねてしまうので注意してください。

4、根本からアイロンの熱をあてる

はねるのが気になる部分の「根本」からアイロンで生え癖や寝癖を伸ばします。

朝起きて、櫛で軽く梳かして、そのままアイロンを通して構いません。
アイロンの温度は120℃以下が髪に負担が少なく望ましいです。

5、毛先を内巻きにする

根本の癖が伸びたら、毛先を好きな角度で丸みをつけます。

まとめ

今回、ご紹介した方法を実践すれば
簡単に髪がはねるのを直すことができます。

もしこの方法で直らない場合、
カットやスタイルに問題があったり
くせ毛や生えぐせが原因の可能性があります。

その場合はセルフケアで難しいので
信頼のできる美容室に相談してみるのが良いと思います。

 

参考にしていただけたら幸いです。

こんな記事も書いています。
【寝る前の5分で】朝起きた時、髪がはねるのを防ぐ方法