伊勢崎の美容室|クセ毛カットがおすすめ|TOKOHANA

【お風呂上がり3分で!】髪が自然乾燥ではねるのを防ぐ方法

くせ毛改善, はねる

「ドライヤーで乾かすのは面倒くさい!」

自然乾燥より、ちゃんとドライヤーで
乾かした方が良いのはわかってるけど、
なんで自然乾燥だと、髪がはねるの?

「ドライヤーで乾かした方が良いのはわかってる。でも面倒くさい」
そんな悩みを抱えていませんか?

 

実は、自然乾燥でも、
あることをすればはねにくくすることは可能です。
意外と髪の特性を知っていれば難しいことではありません。

今回は、自然乾燥でもはねにくくなる方法をご紹介します。

 

自然乾燥でも髪のはねを抑える3つのポイント

自然乾燥は髪がはねる。という認識をお持ちの方も多いかもしれませんが、
実は一概にそうとも言えません。

髪に良いか、良くないかといえば、確かに良くはないです。
そんなことはわかってるけど、色々忙しいからとにかく
自然乾燥でも髪がはねにくくなる方法が知りたい!

という方に、この方法をお伝えしています。

1、髪を梳かすと自然乾燥でもはねにくくなる

髪というのは、自然乾燥とか、ドライヤーで乾かすとか以前に、
「乾くときに」カタチが決まります。
ということは「乾くときに」髪がはねていなければいいわけです。

お風呂上がりタオルで拭いて、ぐしゃぐしゃな髪の状態で髪が乾いてしまうと、
確かにぐしゃぐしゃな状態で固まってしまうのではねる原因になりますが、
しっかり「キレイに梳かして」そのまま自然乾燥させれば髪ははねることもないです。

2、梳かすときはブラシではなく櫛を使う

梳かすときはブラシではなく、櫛を使うのがオススメです。
ブラシというのは髪をひっかけて引っ張るものですから、
濡れている状態のデリケートな髪に使うと負担がかかります。

自然乾燥の上にさらに負担をかけるのは避けたいので、
目の粗い櫛で優しく梳かすようにしましょう。

3、はねにくくなる肝は『梳かし方』

また、ただ単純に櫛を通せば良いということではありません。
何度も言うようになってしまいますが、髪は「乾くとき」にカタチが決まります。
櫛で「キレイに内巻きに収まってる状態」にすることが重要です。

髪をはねにくくする自然乾燥の4つの手順

「キレイに内巻きに収まってる状態」にするためには、梳かし方があります。

1、髪が濡れている状態で梳かす

自然乾燥させる程なので当然ですが、髪が乾く前に梳かす必要があります。
よくお風呂上りに髪をタオルで包んで、ある程度乾かしてから、、、
という方がいらっしゃいますが、それは1番良くないです。

タオルに包まれた状態で、少しでも髪が乾いてしまうと
その状態でカタチが固定されてしまうので、はねるようになってしまいます。

必ず、タオルで拭いた直後に梳かすようにしてください。

2、×を描くように梳かす

「キレイに内巻きに収まってる状態」にするには、梳かし方が重要です。
まず前、上、横、後ろ、それぞれ×を描くように櫛で梳かします。

×を描くように2,3度梳かすと、髪の根本をキレイに梳かすことができます。

3、上から下になでるように梳かす

×を描くように何度か梳かしたら、最後に上から下に櫛を通します。
仕上げに毛先を少し丸く収めたら完成です。

4、そのまま髪が動かないように自然乾燥させる

後は、完全に乾くまで、「そのままの状態」で過ごすだけです。
髪が長い方は乾くまでに時間がかかりますが、濡れた状態で寝てしまうと
いくらキレイに梳かしても、朝髪ははねるので注意してください。

まとめ

今回、ご紹介した方法を実践すれば
自然乾燥でも髪ははねにくくなります。

ただ、自然乾燥でも完全に乾くまで待たなければいけないので
時間がかかるのがネックですね。

面倒でもはねにくくしたいのであれば
ドライヤーを使った方が短時間ではねを抑えられます。

ただ、カットやスタイルに問題があったり、
くせ毛や生えぐせが原因ではねる場合は、
今回の方法だと難しいことがあります。

その場合はカットではねにくくしたり、
優しく縮毛矯正をかける必要があります。

美容室なら、
”あなたにあった簡単な乾かし方”や”お手入れが楽なスタイル”も
しっかり教えてくれるので、一度相談してみると良いと思います。

参考にしていただけたら幸いです。

こんな記事も書いていますので、参考にしてみてください。
【寝る前の5分で】朝起きた時、髪がはねるのを防ぐ方法