伊勢崎の美容室|クセ毛カットがおすすめ|TOKOHANA

くせ毛で広がる方におすすめ!3カ月で艶ボブスタイルに大変身(お客様事例)

くせ毛, くせ毛改善, まとまらない, 実例、before,after

こんにちは。

クセ毛専門美容室トコハナの高山です。

本日は、クセ毛で悩むお客様の変身(Before/After)記事です。

 

クセ毛で悩むお客様が、実際に『3カ月で艶ボブスタイルに』なる様子を見ながら、
クセ毛の人が艶のあるボブスタイルなるにはどうしたら良いかを解説していきます。

私はクセ毛だから、、、思ったようなスタイルにならない。

まとまりのあるキレイなボブになんて出来ない。
どうせイメージとは違う髪型になってしまう、、、。

そんな風に思ってしまっていませんか?

この記事を読んでいただき、少しでもクセ毛の方の参考になればと思います。

 

目次

 

Before

まずはBeforeから見ていただきたいと思います。

 

 

こちらが初回来店時の状態です。

クセが強く、ゴワつき、パサつき、まとまらず広がる。

「もうどうしたら良いかわからない」
「希望の髪型に一度もなったことがない」
「クセ毛だから諦めてる」

このようなお悩みを仰っていました。

 

髪にコンプレックスがあると精神的にも辛いですよね。

 

お客様の希望

今回のお客様の希望として、

・キレイなワンカールのストレートボブにしたい
・ただ、真っすぐすぎる不自然なストレートは嫌
・ボリュームがなくなってぺったんこになるのは嫌
・あくまでも自然で柔らかくて艶のあるボブ

とのことでした。

 

クセ毛でもキレイな艶ボブスタイルにするために必要な2つの条件

1.縮毛矯正

クセ毛の改善方法はたくさんあるのですが、
上記のような希望を叶えるためには、『縮毛矯正が必須』です。

なぜなら、単純に、クセ毛をストレートにするためには、縮毛矯正をするしかないからです。

希望が、「まとまり、収まり、扱いやすさ」等であれば他の選択肢もありますが、
カウンセリングで画像などを一緒に見ながら詳しく伺ったところ、
『ストレート、艶』が叶えたい希望に入っていたので、今回の場合は縮毛矯正です。

2.質感を表現した適切なカット

写真の現状のスタイルでは、ワンカールのボブスタイル、、、のカットになっていませんので、
縮毛矯正と合わせて、当然カットも必要ですね。

そもそものスタイル(ボブのカットになっていること)はもちろんですが、
希望の艶や手触りには、カットで作る『質感』も大きく影響します。

よくあるケースで、

・クセで広がるから
・まとまらないから
・重く感じるから

といった理由で”梳きハサミで軽さ”を入れてしまう方が多くいらっしゃいますが、
大体の場合、残念ながら逆効果になります。

上質な質感を得るためには、適切なカット、重さ、軽さを上手に入れなければなりません。

ということで、艶ボブにするために今必要なことは2つ。
『縮毛矯正と適切なカット』です。

 

希望のボブスタイルにするために行った施術と注意する点

それでは実際に行う施術と、その際に注意しなければならない点をご紹介していきます。

行った施術は前述した内容の縮毛矯正とカットです。

・カット

カットはまず、そもそも長さが足りないのですが、
伸びたときに希望のスタイルになるように、伸びたときのことも想定してカットします。

ただ、安易に短くすることは注意しなければなりません。
なぜなら、長さが足りないため、伸ばしながらスタイルを作るので、
数カ月かけてスタイルを作るのは了承いただいてますが、
必要以上に時間はかけたくないですよね?

最短で希望のスタイルを叶えたいため、経過も想定しながら、「現状必要な分だけ」カットします。

髪は1ヶ月約1cmしか伸びませんので、カットは慎重に行います。

また、全体的な”軽さ”が質感に悪影響を及ぼしているため、
毛先の厚みと重さを出しながら、柔らかさや手触りを表現するカットを施していきます。

この時、”梳きハサミ”を多用するのは避けましょう。
梳きハサミは、髪を『均等に減らす』ことはできても、
『クセ毛を柔らかく手触り良く』することには向いていません。

・縮毛矯正

縮毛矯正に関しては、お客様の希望にもある通り、

『真っすぐすぎる不自然なストレートは嫌、
ボリュームがなくなってぺったんこになるのは嫌、
あくまでも自然で柔らかくて艶のあるボブ』

ですので、上記の点に注意して施術をします。

今回行った具体的な上記の対策は、
・弱めの薬剤
・クセを残す
・毛先はかけない
・ハチ上と顔周りのみかける
です。

弱めの薬剤というのはとても重要で、ある程度クセは伸ばしますが、伸ばしすぎて
不自然にシャキーンと真っすぐになりすぎるのを避けます。

クセを残すというのも同様で、クセを残すことで自然な質感を表現します。

毛先はかけないというのも、元々あるクセのカールが丁度いい素敵なカールですので、
それを活かして毛先のワンカールを表現するために、あえて毛先は縮毛矯正をしません。

ここで無駄にパーマをかけたり毛先まで薬をつけると、不必要なダメージを与えてしまいます。
可能な限り薬に頼らないほうが、負担が少なく、後々のキレイさにも影響します。

ハチ上と顔周りのみかける、に関しては、現状の”軽さ”が入っている状態で全体に
縮毛矯正をかけてしまうと、どうしてもボリュームダウンしてしまうので、
下半分はクセのボリュームを残します。

上記のような点に注意しながら、初回のAfterがコチラです。

 

初回After

見ていただくとわかるように、希望の『キレイなワンカールの自然なストレートボブ』にかなり近づきました。

初回では基本的に弱めの薬剤を使用します。
真っすぐになり過ぎるのが嫌、という希望ももちろんありますし、
クセを残した方がボリュームも自然さも最初は残ると思います。

この時点で
『今まで散々ほかの美容室では出来なかったのに!』
『私の髪でボブスタイルにできるんだ!』
と大変お喜びいただいているのですが、まだまだこれからです。

 

3か月後、After

こちらが現在のお客様の髪です。

自然なストレートで艶のあるワンカールボブ。
適度なボリューム感。

まだ毛先の状態の回復に多少の時間はかかりますが、
ここまでくれば、後は継続してメンテナンスをするだけです。

時系列で並べるとこんな感じです。

 

変化が見て取れます。

これからさらにキレイになっていくので、僕自身楽しみです。

 

お客様の声

毎回嬉しいお言葉をいただけるのですが、3カ月経ってお客様が

『今まで伸ばすことなんて考えられなかったけど、
こんな風に希望を叶えてもらえて、これなら私の髪でも
もっと伸ばしてみたいと思いました!』

と言っていただけたのが印象的でした。
クセ毛にコンプレックスを抱いてる方が、前向きになれると、とても嬉しくやりがいを感じます。

まだまだキレイになれるし、髪も伸ばせるし、いろんなスタイルを楽しめるので、
一緒に色んな素敵なヘアスタイルをつくっていきたいですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

実際にお客様が、クセ毛で悩んでいるところから
キレイな艶ボブスタイルになるまでのご紹介でした。

クセ毛の方には様々なお悩みがあります。

広がる、まとまらない、収まらない、扱いずらい、etc。

それらを解決する方法は、そのクセの数だけあります。

トコハナではお客様の髪を理想の髪に導くため、
一人一人に合わせたオーダーメイドの薬剤、技術を用いて、丁寧に施術させていただきます。

しっかりお悩みやご希望をお伺いできるように、
初回は30~60分ほどカウンセリングをさせていただきます。

クセ毛にお悩みでしたらぜひ一度ご相談ください。

 

【伊勢崎の美容室|TOKOHANA】

【電話番号】

TEL:0270-61-8904

【トコハナのLINEアカウント】