伊勢崎の美容室|クセ毛カットがおすすめ|TOKOHANA

夏!!海!!山!!川!!その時ヘアダメージは?!

くせ毛, くせ毛改善

夏の始まり!!楽しみつつも髪を守ろう!!

 

こんにちは。

トコハナの高山です。

 

梅雨もそろそろ終わりますね、、、。

 

梅雨時期は湿気でお悩みの方が多いですが、夏は夏で髪にかかる負担が多い季節です。

 

とはいえ、夏は様々なイベントが盛りだくさん。

しっかり楽しみつつも夏明けにダメージを残さないように

しっかりケアしていけるといいですね♪

 

とはいえ、ケアって何をすればいいのかよくわからない、、、。

そんな方のために記事を書いていきます。

では夏のメインになるダメージから知ってみましょう!!

 

夏のダメージ

 

1、紫外線

2、海、プールの水

3、汗

4、お風呂上り

5、エアコン

 

これらが夏時期の主なヘアダメージになります。

知ってるもの、知らないもの、改めて再確認。

 

夏に限った話ではありませんが、

まずは傷みの原因を知ることが艶髪への第一歩。

 

ひとつひとつ解説していきましょう。

 

 

1、紫外線

紫外線はみなさん知っての通り。

髪の天敵です。

 

知っていましたか??

紫外線って表面的なダメージもそうですが、

内部に影響しダメージします。

 

髪は紫外線を吸収してしまい、

毛髪内部の大事な組織を破壊します。

 

紫外線により毛髪内にシステイン酸というものが

生成されてしまい、それによる弊害が大きいです。

髪の結合は切れるし、大事な成分も壊れてしまうし、、、。

 

思っているより、紫外線のダメージは深刻です。

 

 

2、海、プールの水

これもよく言われる話しですね。

なんで髪によくないのでしょう。

 

それは海水等に含まれる『塩化~』という成分が原因です。

 

この『塩化~』というのは

髪の主成分を固めてしまったり、流出させてしまったり、、、。

キシミ、パサつきの原因になります。

 

また大勢の人が利用したり、屋外であるがゆえに

不純物も多いです。

不純物が付着した髪、、、言わずもがなですね。

 

ただでさえ濡れている髪は強度が弱くなっているのに

それらが付着した状態で髪がこすれたりしたら、、、。

 

あと雑菌とか。

しっかり流さずにそのままにしておくと、すぐ繁殖します。

雑菌の繁殖により酸化した毛髪は切れ毛抜け毛が起こりやすくなります。

 

 

3、汗

え、汗もダメージに、、、?

 

もちろん直接的にというのもありますが、

二次被害的なものもあります。

 

まず、汗により髪が濡れる。

濡れている状態は髪は脆くなっている。

こすれたりすると傷む。

 

あとは蒸れですね、雑菌が繁殖しやすくなりますし、臭いの原因にも。

 

そして、夏ってベタベタしますよね?

お風呂の回数も増えませんか?

1日に何度もシャンプーするのはあまりよくありません。

 

シャンプーで皮脂を落としすぎると乾燥し

逆に皮脂の分泌量が増えます。

実際、そのせいか、冬より夏の方が頭皮が

乾燥しているというデータもあるくらい。

 

気をつけたいところですね。

 

 

4、お風呂上り

夏は暑い!!

お風呂上りはもっと暑い!!

汗が止まらない!!

 

ドライヤーなんてしたくないよー。

ということで、お風呂上り髪を乾かさず

そのままの方も多いようです。

 

わかります。

でもですね、そこはなんとか工夫しつつ

お風呂上りにすぐ乾かしましょう。

 

何度もお伝えしていますが髪は濡れていると脆いです。

キューティクルも開いてしまっています。

そのままにしておくとキューティクルも剥がれやすいですし

濡れたまま寝ようものなら、朝は寝癖で爆発します。

 

 

5、エアコン

 

夏は欠かせない相棒となるエアコン。

快適な生活には必需品ですが、気を付けないとダメージに。

 

乾燥です。

エアコンつけたままにしてると喉が痛くなりますよね?

それだけ空気中の湿度は下がり乾燥しているということです。

髪の水分を奪います。

 

血行も悪くなりますので、健康な毛髪生成に影響します。

 

 

 

ここからが大切!!3つのヘアケア!!

細かく言えばたくさんありますが、

とりあえずこれだけはして欲しい!!

 

という大事な3つのヘアケアです。

 

 

1、洗髪

そう、洗髪。

夏は海、川、プール。

髪が濡れる機会多いですよね。

髪に負担になる原因は前述しました。

原因をそのままのしてはいけません。

海、川、プールから上がったら

 

しっかり真水で洗髪しましょう!!

 

真水でしっかり洗い流すことで、髪に悪いもの、だいたい落とせます。

これをするだけで髪の負担はかなり軽くなります!!

 

面倒くさがらずに、なるべくダメージになるものは残留させないようにしましょう。

 

また、この時期何度もお風呂に入るという方、

シャンプーは基本的には1日1回で大丈夫です。

 

日中汗を流す時はシャンプーはせずに、

水(お湯)で流すだけにして下さい。

十分汚れも脂も落とせていますし、必要な油分も残せます。

2、洗い流さないトリートメント

 

 

紫外線や乾燥から守ってくれる洗い流さないトリートメント。

濡れてる時だけではなく、乾いた状態でつけても大丈夫です。

夏は必需品になります。

 

朝と夜だけでも中間から毛先にかけて

しっかりつけてくださいね。

 

洗い流さないトリートメントは、

髪に膜を張って髪をコーティングしてくれますが、

流せば落ちるものが好ましいです。

 

付着して落ちずに蓄積されてしまうと、

それはそれで髪に負担になりますので

そこだけ注意してください。

3、ドライヤー

 

 

暑いからと言って、そのままにしてはいけません。

ドライヤーで乾かすことでキューティクルを閉じて

キレイな状態を保つことができます。

 

乾かし方はこちらの記事を参考に。↓

正しい髪の乾かし方

 

最後に冷風で仕上げることも忘れずに。

より髪が引き締まってツヤがでます。

3つのケアを怠らず夏を楽しみましょう♪

 

もちろんこれだけが全てではありませんが、

最低限これだけは!!というものです。

 

これだけ行うだけでも全然違います。

 

夏は楽しい季節ですから、

髪もキレイな方が気持ちよく過ごせますよね。

 

他にもご質問や、もっと詳しく聞きたい!

ということがあればお気軽にLINEしてくださいね♪

お問い合わせ

 

それでは!みなさん素敵な夏をお過ごしください♪